運転免許

普通自動車免許で運転できる種類と車両とは?

投稿日:

普通自動車免許で運転できる範囲社種類って何?

普通自動車免許で運転できるものとして、
以下の車両がございます。

  1. 普通自動車
  2. 原付(50cc未満)

ただし、普通自動車免許で運転できる車両の条件として、

  • 3.5トン未満
  • 2.0トン未満
  • 10人以下

といった基準を満たしている車両である必要があります。

そして、以前であれば普通自動車免許を使って、
5トン未満のトラックや車両が運転できたのですが

2017年3月12日から、新しい免許の区分である、

「準中型自動車第一種運転免許」というものが制定されました。

→ 準中型自動車第一種運転免許についてはこちらをクリック

この新しい免許区分の制定によって、
普通自動車で運転できる車両の種類の幅が

狭くなってしまう…という影響があります。

※ただし、法改正前に普通免許を取っていた場合、改正前の条件で運転可能です

新しく普通免許を取ろうとする場合、乗れる範囲が狭くなる

というのも、新しい免許区分が制定される前は、
普通自動車免許を持っていれば

5トン未満のトラックを運転できたわけなのですが、
それが、今回の法改正によって、

3.5トン未満の車両に限定されてしまうことになるからです。

つまり、以前よりも小さなトラックや車両しか乗れません。

ただ、すでに普通免許を取っているという場合は、
改正前の条件のまま、車両を運転できるので

法改正によって、大きく影響を受けるのは、
これから免許を取ろうと考えていて、

なおかつ、トラックを運転するような業種業界に
就業するような人が主な対象になります。

結局、普通免許で運転できる車の種類って何?

引用元:足成

引用元:足成
軽トラは総重量が3.5トン以下なので、普通免許で運転可

画像引用:バイクブロス

画像引用:バイクブロス
原付も普通免許で運転可能です

結論をお伝えすると、

普通自動車免許で運転できる車両の種類は

改正前

■普通自動車

車両総重量:5.0トン未満
最大積載量:3.0トン未満
乗車定員:10人以下
受験資格:18歳以上

■原付

改正後(2017年3月12日~)

■普通自動車

車両総重量:3.5トン未満
最大積載量:2.0トン未満
乗車定員:10人以下
受験資格:18歳以上

■原付

という運転区分となります。

これから免許を取る方で、
運転される車両の区分を知っておきたい方は
ぜひ参考にされてみてください。

また、すでに運転免許をお持ちの方も、
意外と運転できる車両の区分や範囲というものを

詳しく知らない…という方も多いと思います。

※トラック運転手などはお詳しいでしょうが

いま持っている、普通自動車免許で、
トラックや、中型の車両を運転される機会が出てきそうだ

という方は、うっかり違反の切符を切られないためにも、
一度、運転前に、ご自身が運転できる車両の範囲というものを

知っておきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク




-運転免許
-, ,

Copyright© 免許のことがすぐわかるブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.